【猫 / 音域】(DISH//)最高音の場所など徹底解説!!

気になる『猫』の音域はこちら

【音域】地声最低音 mid1C (ド)
地声最高音 hiA#(ラ#)

三度の飯より音楽が好きな『たかし君』です。

今回は『DISH// ・ 猫』の音域を調査してきました!

◆要チェック

ページ下に『猫』の最低音、最高音の場所などを分かりやすくまとめています!
ぜひ最後までご覧ください!

『猫 / 音域詳細』

『猫』の最低音・最高音の場所、そのほか目立つ箇所の音域を調査しました!
は要注意箇所。


『たかし君』の耳を頼りに音を判別しているため、音階の表記に間違いがあるかもしれません。 その際はコメントにて教えてもらえると大変助かります。

『猫』低音域の場所

【低音注意】Aメロ『ぼ(m1C)くは君を手放してしまった』

【曲中難易度 / ☆☆☆☆】

最低音のmid1Cはあまり出てきません。
低音は主にmid1D#です。

女性の方はメロ部分がかなり低く感じるかもしれません。

『猫』高音域の場所

【高音注意】Bメロ『君の顔なんてわす(m2G)れ(m2F)てやるさ』

Bメロ『馬(m2F)鹿馬鹿(m2G)しいだろう そうだろう(m2F)

【曲中難易度 / ★★★☆☆】

Bメロでやや使用音域が上がります。

【高音注意】サビ『きみ(m2G#)が(m2G)な(m2F)なっ(m2F)日(m2F)も(m2G)

サビ『心と身体が喧嘩(m2F)して 頼りない僕は寝転んで(m2F)

★サビ『猫になっ(hiA#)たん(m2G#)だ(m2G)よ(m2G#)な(m2G)きみ(m2F)は』

【曲中難易度 / ★★★★★
サビで地声【mid2G# / hiA#】使用。

★サビのフレーズは高音域が続くため、かなり難しいです。

【高音注意】ラスサビ『何気ない毎日を君い(m2F)ろに 染めておく(m2G)よ(m2F)

ラスサビ『精一杯の温もりを(m2G)あ(m2F)る(m2F)

【曲中難易度 / ★★★★☆】

★サビの要注意箇所がラスサビで繰り返されます。

【猫 / 評価】

【総合難易度 / ★★★☆☆】

曲中、特筆するような難しい箇所はサビの一箇所だけです。
男性はキーを2〜3つ下げるとかなり歌いやすくなります。

高音域に余裕のある女性は若干キーを上げてみても良さそうですね。