【アゲハ蝶 / 音域】(ポルノグラフィティ)最高音の場所など徹底解説!!

気になる『アゲハ蝶』の音域はこちら

【音域】地声最低音 mid1G
地声最高音 mid2G#

三度の飯より音楽が好きな『たかし君』です。

今回は『ポルノグラフィティ / アゲハ蝶』の音域を調査してきました!

◆要チェック

ページ下に『アゲハ蝶』の最低音、最高音の場所などを分かりやすくまとめています!
ぜひ最後までご覧ください!

『アゲハ蝶 / 音域詳細』

『アゲハ蝶』の最低音・最高音の場所、そのほか目立つ箇所のキーを調査しました!
は要注意箇所。


『たかし君』の耳を頼りに音を判別しているため、音階の表記に間違いがあるかもしれません。 その際はコメントにて教えてもらえると大変助かります。

『アゲハ蝶』低音域の場所

【低音注意】Aメロ『いつになれば終えるの(m1G)かと(m2F)ぉ(m2E)

Aメロ『終わらせることはできる(m1G)けど』

低音域はほとんどありません!

『アゲハ蝶』高音域の場所

【高音注意】サビ『ひ(m2E)ら(m2F)り(m2E)ら(m2E)りとま(m2E)いあそぶ(m2E)よう(m2F)に(m2E)

サビ『すがたみせたアゲハ(m2E)ちょう』

サビ『なつの(m2G)よる の(m2E)ま(m2F)ん(m2E)なかつき(m2E)のした』

サビ『憂いを帯びたブルー(m2G)に』

通常サビではmid2Eとmid2Fが主な高音です。
サビの最高音はmid2Gです。

この高さなら手が出せそうですね。

【高音注意】Aメロ『たびびとにたずね(m2E)て(m2F)み(m2E)た』

Bメロ『そう(m2E) じゃあお気をつけ て(m2F)と(m2E)

Bメロ『み(m2E)おくったの(m2F)は(m2E)ずっと ま(m2E)え(m2F)で(m2E)

Bメロ『かれが僕自(m2F)身だと気づいたのは今更になってだった(m2E)

メロ部分が常に高いです。
mid2E前後が多用されているため、高い声が苦手な方はかなり苦しいかもしれません。

【高音注意】ラスサビ『こう(m2F)やにさ(m2F)いたアゲハ(m2F)ちょ(m2F#)う(m2F)

★ラスサビ『ちかづ(m2G#)くことは(m2F)で(m2F#)き(m2F)ないオ(m2F)アシス』

ラスサビ『つ(m2F)めたい(m2F)をく(m2F)だ(m2F)さい(m2F) できたら愛してくだ(m2G#)さい』

★ラスサビ『ぼくの(m2G#)かたでは(m2F)ね(m2F#)を(m2F)め(m2F)ておくれ』

ラスサビで転調します。
転調後はmid2Fとmid2F#が多用され、最高音mid2G#が登場します。
たった半音ですが、この半音転調で曲の難易度が大きく変わります。

【アゲハ蝶 / 評価】

【総合難易度 / ★★★☆☆】

全体的に使用音域が高く、テンポも速いため難しい曲の部類です。
使用音域は狭いので、キー変更しやすいのがありがたいですね。

とにかく盛り上がる曲なので、カラオケで歌えると有利です!!