【たぶん / 音域・最高音】(YOASOBI)徹底解説!!

気になる『たぶん』の音域はこちら

【音域】地声最低音 mid1D(レ)
地声最高音 hiE(ミ)

三度の飯より音楽が好きな『たかし君』です。

今回は『YOASOBI / たぶん』の音域を調査してきました!

◆要チェック

ページ下に『たぶん』の最低音、最高音の場所などを分かりやすくまとめています!
ぜひ最後までご覧ください!

『たぶん / 音域詳細』

『たぶん』の最低音・最高音の場所、そのほか目立つ箇所の音域を調査しました!
は要注意箇所。


『たかし君』の耳を頼りに音を判別しているため、音階の表記に間違いがあるかもしれません。 その際はコメントにて教えてもらえると大変助かります。

『たぶん』低音域の場所

【低音注意】曲冒頭『さよならだ(m1F)

Aメロ『な(m1F)ひ(m1F)く(m1F)れ(m1F)の(m1F)おと』

Aメロ『悪いのはだれだ(m1F) 分か(m1D)んないよ』

最低音mid1Dはあまり出てきません。
主な低音はmid1Fです。

『たぶん』高音域の場所

【高音注意】サビ『ぼくらは何回だっ(hiD)てきっと』

サビ『そう何年だっ(hiC)てきっと』

サビ『さよならと共に終わる(hiC)だ(hiA#)け(hiC)なん(hiA#)だ』

サビ『思わ(hiC)ず(hiD)こ(hiC)れ(hiC)た』

サビで地声hiDが登場します。
省いていますが、mid2E〜hiAが頻出します。

【高音注意】2番Bメロ『それも(hiA#)た(hiC)だよくある聞き慣れた(hiA#)ストーリーだ』

2番では、1番にないBメロが登場します。
目立つ高音は上記の通りです。
Aメロより若干高いですね。

【高音注意】Cメロ『分かり合えないことなんてさ(hiD)

Cメロ『幾らでもあるん(hiC)だきっと』

Cメロ『全てを許し合えるわけ(hiC)じゃ(hiA#)な(hiC)い(hiA#)から』

Cメロ『つらい(hiD)日々と感じてし(hiC)まっ(hiD)た(hiC)のなら』

★Cメロ『戻れないか(hiD)ら(hiC#)ぁ(hiD)ぁ(hiE)

Cメロの終わりに曲中最高音のhiEが登場します。
hiDのロングトーンからhiC#→hiD→hiEと音程が変化していくため、高音域が苦手な方は注意してください。

曲中、地声ぽく歌っていますが裏声でも問題なさそうです。

【高音注意】ラスサビ『ぼくらは何(hiA#)かいだっ(hiD#)きっ(hiA#)と』

ラスサビ『そう何年だっ(hiC#)て(hiA#)きっと』

ラスサビ『さよならと共に終わる(hiC#)だ(hiB)け(hiC#)なん(hiB)だ(hiA#)

ラスサビ『しかた(hiA#)ない(hiD#)よ(hiB)きっ(hiA#)と』

ラスサビ『思わ(hiC#)ず(hiD#)こ(hiC#)ぼ(hiA#)れ(hiC#)たこと(hiA#)葉はちがうな』

ラスサビ『始まりに戻ることが(hiC#)で(hiB)き(hiC#)た(hiB)な(hiC#)ら(hiA#)

ラスサビ『少し冷(hiA#)えたあ(hiA#)さだ』

通常サビから+1キー転調します。

ラスサビ最高音はhiD#です。
通常サビでhiDだった箇所がそのままhiD#になっています。

【たぶん / 評価】

【総合難易度 / ★★★☆☆】

『夜に駆ける』や『群青』より歌いやすいですね。

最高音hiEなので十分に高いですが、『YOASOBI』の曲としてはあまり高音域が目立たない楽曲となっています。

最低音がかなり低いため、キー下げは厳しいですね。その点は注意してください。