【夜に駆ける / 音域】(YOASOBI)最高音の場所など徹底解説!!

気になる『夜に駆ける』の音域はこちら

【音域】地声最低音 mid1G (ソ)
地声最高音 hiF (ファ)
裏声最高音 hiF (ファ)

三度の飯より音楽が好きな『たかし君』です。

今回は『YOASOBI / 夜に駆ける』の音域を調査してきました!

◆要チェック

ページ下に『夜に駆ける』の最低音、最高音の場所などを分かりやすくまとめています!
ぜひ最後までご覧ください!

【夜に駆ける / 音域詳細】

『夜に駆ける』の最低音・最高音の場所、そのほか目立つ箇所の音域を調査しました!
は要注意箇所。

『たかし君』の耳を頼りに音を判別しているため、音階の表記に間違いがあるかもしれません。 その際はコメントにて教えてもらえると大変助かります。

『夜に駆ける』低音域の場所

【低音注意】1番Aメロ『さよならだけ(m1G)だった』

2番Bメロ『Ah(m1G) ほらまたチックタックと』

低音箇所はほとんどありません。

mid2A〜hiA#あたりの音がAメロ〜Bメロで多用されているため、低音域で困ることはないでしょう。

『夜に駆ける』高音域の場所

【高音注意】Aメロ『ひが(hiC)し(hiA#)ずみ出した空と君の姿』

Aメロ『僕のここ(hiA#)ろのすべ(hiA#)て(hiC)を(hiA#)奪った』
【高音注意】 ★サビさ(hiD#)わ(hiD)がしい(hiA#)ひ(hiC)びに笑え(hiC)な(hiA#)い君に』

サビ『おも(hiA#)いつく限りまぶしいあす(hiC)を(hiA#)

サビ『あけ(hiA#)ない(hiC)よるに落ちて(hiC)い(hiA#)く(hiC)前に』

サビ『僕の手を掴んでほ(hiC)ら(hiA#)

★サビ『こわ(hiA#)く(hiC)ないよ い(hiD)つ(hiC)かひ(hiA#)が(hiC)の(hiD)ぼ(hiD#)るまで』

高い箇所はhiA#とhiCがメインに使われています。

【高音注意】Cメロ『分か(hiA#)り(hiC)合(hiA#)えるさ信じてるよ』

Dメロ『もう嫌だって疲(hiA#)れたんだって』

★Dメロ『がむしゃ(hiC)ら(hiA#)差(hiA#)し伸べた僕の(hiD#)手(hiD)を(hiA#)り(hiA#)は(hiC)ら(hiA#)う君』

Dメロ『釣られ(裏hiC)て言(裏hiA#)葉(裏hiC)にしたとき』

CメロとDメロは高音域と複雑な音程のオンパレード。
全体的に難易度が高い印象です。

【高音注意】2番サビ『さ(hiD)わ(hiC#)がしい(hiA)日(hiB)々に』

ここで通常サビからキーが1個下がる。
(最初、気づかなかった…)

【高音注意】★ラスサビ変(hiF)わ(hiE)らない(hiC)日(hiD)々に泣いて(hiD)い(hiC)た(hiD)僕を』

★ラスサビそ(hiE)ら(hiD)をお(hiC)よ(hiD)ぐ(hiE)よう(裏hiF)に』

  通常サビでhiD hiD#だった箇所が、ラスサビで転調してhiE hiFになります。
(通常サビからキー+2)

最高音hiFは地声で2回、裏声で1回使われています。 (hiF合計3回)

『夜に駆ける / 難易度』

【総合難易度 / ★★★★★★★☆】

ラスサビは高音域のオンパレードなので、高い声に自信のない方はキーを下げて歌いやすい高さに調整することを推奨します。

いや〜それにしても高いですね。。。
音域の調査をするまで、こんなに高い曲とは知りませんでした。
さらりと地声でhiFを出してることに驚きです!