【カムパネルラ / 音域】(米津玄師)最高音の場所など徹底解説!!

気になる『カムパネルラ』の音域はこちら

【音域】地声最低音 mid1D (レ)
地声最高音 hiB (シ)
裏声最高音 hiB (シ)

三度の飯より音楽が好きな『たかし君』です。
今回は『米津玄師 / カムパネルラ』の音域を調査してきました!

◆要チェック

ページ下に『カムパネルラ』の最低音、最高音の場所などを分かりやすくまとめています!
ぜひ最後までご覧ください!

【カムパネルラの音域詳細】

『カムパネルラ』の最低音・最高音の場所、そのほか目立つ箇所の音域を調査しました!
は要注意箇所。

『たかし君』の耳を頼りに音を判別しているため、音階の表記に間違いがあるかもしれません。 その際はコメントにて教えてもらえると大変助かります。

『カムパネルラ』低音域の場所!

【低音注意】Aメロ『咲いたリンドウの花(m1D)

Cメロ『ひ(m1D)かりを受け止めて』

Cメロ『輝きのそのひ(m1D)と(m1E)つ(m1D)

最低音mid1Dはそこまで使用回数が多くないですね。

『カムパネルラ』高音域の場所

【高音注意】Aメロ『ゆめ(m2F#)見(m2F#)ていた』

★Bメロ『真昼の海で(m2F#)眠る月光(hiA)蟲(m2F#)

Bメロで地声hiAが使われています。
他の曲では最高音クラスの高音が使われているので注意です。

【高音注意】★サビあ(裏hiB)の(裏hiA)ひ(m2F#)との言う通り』

サビ『わた(m2F#)し(mid2G)は(m2F#)まだ生きていくでしょう』

サビ『君を(m2F#)憶えて(m2F#)いたい』

サビの入りが裏声hiBです。
裏声が苦手な方は難しいですね…

【高音注意】 ★Cメロかが(m2F#)や(hiB)く(hiA)クリスタル』

Cメロ『君が(m2F#)つ(m2G)け(m2F#)たきずも(m2F#)

Cメロ『かが(m2F#)や(mid2G)き(m2F#)のそのひとつ』

Cメロは『カムパネルラ』で最難関のパートです。
地声最高音hiBが登場します。
ここは本当に高いので要注意です。

高音注意 ラスサビ『過ち(裏hiA)を(裏hiA#)知(m2F#)るでしょう』

ラスサビ『カムパネ(m2F#)ルラ』

曲全体を通して、主に使われている高音はmid2F#(ファ)ですね。

mid2F#は一般男性でも比較的出せる場合が多いですが、裏声が多いこととCメロの地声hiBが難易度を底上げしています。

【カムパネルラ / 難易度】

【総合難易度 / ★★★★☆☆☆☆】

地声と裏声の切り替えが激しい箇所があるなど、米津玄師さんの曲では難易度が高いです。

『カムパネルラ』が歌える方は『海の幽霊』にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
おそらく米津玄師さんの曲では『海の幽霊』が最も難しいです。